NO3. スイスのクリスマス

11月からクリスマス前日までルツェルンやベルン、モントレー、
チューリッヒなど各地でクリスマスマーケットが開かれます。
チューリッヒは、ヨーロッパで最大の屋内マーケットで知られています。この時期、旧市街、中央駅などに小さな露天が立ち並び何といっても2万を超える光のイルミネーションは、ロマンテックなクリスマスムードの街のあちこちで光のページェントが楽しめます。
本来、聖ニコラス(サンタクロース)の事をドイツ語圏ではSamichlausフランス語圏ではPereNoelイタリア語圏ではSanNicolaoと呼び、クリスマスシーズンをカソリックでは「12月6日」からスタートし、プロテスタントは「12月24日」にイブを迎えます。
宗教革命の国として知られるスイス。16世紀東のチューリッヒの
ツビィングリ西のジュネーブのカルバン派の宗教運動は各地で広がり2つの言語圏の中世都市フリブールは頑なまでにカソリックを貫いたため今でも12月6日「聖ニコライの日」を特別に祝います。
地域によってサンタクロースのスタイルが違いますが、赤いマントを着て白髭サンタだったり、法冠をかぶっって歩いてきたり、ロバに乗ってきたり、ヘリコプターで登場したり様々ですが一般家庭では、モミの木にそれぞれの家の伝統の飾りつけを施し、本物のキャンドルを飾りクッキーとご馳走と共に楽しい夜をすごします。亦、この時期のスイスワインは格別の旨さです。
12月にはいると海外航空券は特別に安くなります。忙しい年末の日本を離れて新年にかけて海外で休暇の取れる方、のんびりスイスの休暇を楽しんでみませんか?