228.Tommy’s絵画美術館今月(6月)の紹介作品イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像「ピエール=オーギュスト・ルノワール」

Tommy’s絵画美術館今月(6月)の紹介作品
イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像
「ピエール=オーギュスト・ルノワール」

 
(Irène Cahen D'Anvers) 1880
65×54cm |
油彩・画布 | ビュレル・コレクション(チューリヒ)

印象派の巨匠ピエール=オーギュスト・ルノワールが手がけた肖像画の代表的
作例のひとつ『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像』。
本作は(当時としては数少ない)ルノワールの理解者であり庇護者でもあった裕福な
銀行家ルイ・カーン・ダンヴェールの三人の女の子供の内、末娘である
イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢≫の肖像として1880年から翌年にかけて
制作された作品である。
ルノワールは自身の娘や(画家の)理解者からの依頼などを始めとして、子供を画題とし
た肖像画を数多く手がけているが、その中でも本作は特に優れた作品として知られている。
清潔で上品な顔立ちの中で輝く大きく印象的な瞳、子供特有の白く透き通る肌、肩にかかり
腰まで垂れた少し波打ち気味の長い赤毛の頭髪、質の良さを感じさせる青白の衣服、
膝の上で軽く組まれた小さな手。
いずれも細心の注意が払われながら、綿密に細部まで画家特有の筆触によって
描写されている。とりわけ注目すべき点は少女イレーヌ・カーン・ダンヴェールの長く伸びた
赤毛の頭髪にある。印象主義的技法(筆触分割)に捉われない画家の個性を感じさせる
流形的な筆触によって髪の毛一本一本が輝きを帯びているかのように繊細に表現されている。
また少女の赤茶色の髪の毛と溶け合うかのような背景との色彩的調和も特筆すべき点の
ひとつである。このように大人が子供に対して抱く愛情と、画家の子供の肖像画に通じる
微かな甘美性を同時に感じさせる本作は今なお、画家の代表作として人々を強く
惹きつけている。
   
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です