ユナイテッド航空で行く『パラオ自由自在5日間~』

ユナイテッド航空で行く『パラオ自由自在5日間』  275,000円~

パラオパシフィックリゾートは、美しい白砂のプライベート
ビーチに宿泊します。パラオパシフィックリゾートは、
西太平洋の赤道から北緯7度のところに位置し、年間を通して
ホテルの目の前で夕陽が見られるコロール島の美しい白砂の
海辺にあります。

パラオ国際空港から車でわずか30分。空港とリゾート間の交通
機関はNECOシャトルバスをご利用ください。
また、夕方から夜にかけましては、主要ホテルとダウンタウン
のレストラン・ショッピングセンターを結ぶ、BBIシャトルバス
(1週間乗り放題)が運行されております。

 
 

●出発日と旅行費用5日間の場合(2名1室利用)※燃油サーチャージ料金込み

コロナウイルス解決後、詳しい情報を再度発表しますのでご了承ください。

パシフィック・リゾート泊

ガーデンビュ

オーシャンビュ

2021年1月以降日月火金土発

275,000

283,000

1人部屋追加代金

66000

80000

朝食代金1

2,300

2,300

※夏休み期間は、お問い合わせください!

※3名1室の場合割引特典あり(ガーデンビュー1,000円 オーシャンビュー2,000円)
福岡空港使用料945円、現地空港諸税US$41.50(3450円)パラオ出国税US$20
グリーン税US$15は別途現地支払い。
●スケジュール5日間/6日間

福岡午前発-グアム乗換-パラオ夜着=ホテルへ

パラオ泊

23

234

パラオ終日自由行動
ダイビング体験ツアー(昼食ドリンク付)$110

パラオ泊

5

出発まで自由。お部屋は出発までご利用できます。

深夜パラオ発-湖中泊

6

グアム乗換-福岡午前着

 パラオ・パシフィック・リゾート宿泊/毎朝食付

 

パラオ共和国

パラオの無人島は火山と隆起サンゴ礁が長年の侵食によって
マッシュルームのような造形となり、ロックアイランドと呼ばれる
有名な景勝地となっています。
パラオ諸島すべてをかき集めると面積は458㎢だから、549㎢の
グアムよりも小さく、日本でいうなら種子島よりやや大きく屋久島
よりやや小さいくらい。
スペイン、ドイツの植民地時代や、戦前の日本による統治、戦後の
アメリカによる統治を経て、1994年にめでたく独立したパラオ共和国。
委任統治時代の日本はコロール州に「南洋庁」を設置して日本語
教育を行い、数万人に及ぶ日本人入植者をパラオに送り込んだ
そうです。その関係で現在でも流暢に日本語を話す人が多く、
日本人を先祖に持つ人や、はどう見ても現地の人なのに、
日本人名を持っている人たちがたくさんいます。
パラオは人口約2万人で、最大の都市はこのコロール州。
ここはかつては首都でしたが、2006年10月に、周囲60kmの
バベルダオブ島、いわゆる本島の「マルキョク」という、何か
九州のスーパーマーケットチェーンみたいな名前の州に
遷都されました。

日本からチャーター直行便に乗ると、約4時間半でバベルダオブ島
南部のパラオ国際空港に到着します。日本の真南だから、時差が
ゼロなのが嬉しいところ。地元の人はパラオ語ですが英語で話す
人も多く、主な宗教はキリスト教で通貨も米ドルです。

ちなみにパラオ共和国の国旗は海に浮かぶ満月のデザインで、
一説には日本の日の丸をもとに作られ、その日の丸に敬意を表して
中心をややずらしたのだとか。