ベルリン:こんなに美味「ベルリン発祥のカレー・ソーセージCurrywurst」!

ベルリン:こんなに美味Currywurst

「ベルリン発祥のカレー・ソーセージ」!

今日は、自宅でドイツのカレーソーセージを作ってみた。こんな時だから自宅でゆっくりドイツ料理でもと思い立った。

数年前、ドイツ政府観光局/ルフトハンザ航空のお世話でドイツ「ベルリン」に滞在!観光局の西山さんお薦めのCurrywurst!とは、だいぶ味は、違うが当時のベルリンに旅を思いださせてくれた逸品である!

 

何なんだ,これは!期待を裏切る普通のソーセージにカレー粉を振りかけただけの代物。これにケチャップがたっぷりかかっている。
実はこれ、ドイツや屋台や軽食店に必ず登場するベルリン生まれの人気のカレー・ソーセージ。
1949年ヘルタ・シャルロッテホイヴェァという女性が発案した。
料理で軽食スタンドで鉄板で焼きあがったソーセージに切れ目を入れてケッチャップとインド産の12種類のスパイスをふりかけたもの。シュリッペと呼ばれる小型パンを添えて客に出した。
この珍しいソーセージは、瞬く間にドイツ全土へ広がった。
インビスと呼ばれるドイツの軽食店はほとんどが立食い。とにかく食べて驚く!「美味い!」ちょっとした辛さがビールに良く合う。

 
ちなみに「カレーソーセージ博物館」がベルリンにオープンしているらしい。
ちょっと驚くがドイツ・ベルリンに来たら是非食べてみては。ドイツ語でカレー・ソーセージは、Currywurstクリーヴルストと言う!本当におススメの一品である!